直線上に配置

林道の旅人
since2005


林道 影平線(大分市)

大分市九六位山系にある林道「影平線」を走った。

 大分市東部に広がる九六位山系の山々。山腹に、日平と影平という2つの地域がある。日平を走るのが林道「大内線」、影平を走るのが林道「影平線」である。林道「大内線」から分岐する林道「影平線」を走ってみよう。

林道「大内線」は ここから どうぞ。
 林道表示によると幅員3.0m、延長が775mのあまり長くない林道である。日平地区、影平地区ともに九六位山系の山々の中腹に位置するため、この林道は生活道路であることが容易に知れる。さあ、走ろう。
 コンクリート舗装の林道である。幅員が3.0mもあるので走りやすいが、落ち葉が路面を覆っており滑りやすい。これはあまり利用されていないようだ。
 だんだん落ち葉が多くなる。ふかふかした感じが伝わってくる。ダートなのかと思わせるような路面である。
 見事なダートである。しかし、下はコンクリート舗装である。実はこの先のくだりで恐ろしい思いをすることになった。歩くより遅い速度でゆっくり進むが、ブレーキをかけると後輪がずるずる滑るのである。車が通ったとは思えないような道がしばし続く。道というよりあぜ道に近い。
 廃道というべきだろうか。
 あきらかにこの道は使われていないと主宰「風来坊」は確信した。写真をのせたいが、撮影すらできない道だったのだ。
 しばらく走ると人家に出くわした。とたんに車の轍が林道に刻まれ始める。どうやら、私は使われていない道をたどってきたようだ。ここは影平地区である。
道が突然よくなった。落ち葉などない道だ。電柱が見える。今まではなかったものだ。
 しかもアスファルトの道に変わっている。電柱はみちなりに立てられている。ここはきちんと管理された道路だ。しかし、わけがわからない。なぜ、廃道状態の林道の先に、こんなきちんとした道路があるのだろうか。
道はさらによくなり、新しいタイヤのあとも見られるようになった。ここは生活道路である。
道は急にくだりになった。林道「大内線」ほどの傾斜はないが結構急な道である。しかし気持ちよく走れる道である。しばし走っていると分岐が見えてきた。この分岐は....??
 実は、この分岐は林道「大内線」を走ったときに出会った分岐であった。左に進むと日平・九六位、右に進むと影平....。この道は利用が多いのだろう。落ち葉もほとんど積もっていない。つまり生活道路なのだ。とすると、

林道「影平線」は廃道状態の林道というわけだ。
凄い道を走ってしまった。

林道「影平線」は以上である。


戻る

直線上に配置
inserted by FC2 system