直線上に配置

林道の旅人
since2005


林道 松平線(大分市)

大分市のはずれ、林道「黒仁田線」kら分岐する
林道「松平線」を旅した。松が一杯の林道である。


林道位置図

大分県農林水産部林業振興課発行の『大分の林道2005』より引用
黒仁田線から分岐するが地図には記入がない。


大分市の東南部、一般国道10号から大南大橋を経て、林道 黒仁田線に至る。松平線は林道 黒仁田線から分岐する林道である。

林道「黒仁田線」は ここから どうぞ
林道「黒仁田線」をしばらく道なりに走る。かなりの高所を走る林道である。
右への分岐、これが林道「松平線」の入り口になる。
一般国道10号方向から、林道「黒仁田線」を走ると、林道「松平線」は鋭角に進入する形となる。入り口は大きくとっているので、回りにくいことはない。林道作業車の運用を考えての設計と見た。林道の幅員は4.0m、延長は660.0mである。
さっそく旅してみよう。
 
くだりのコンクリート舗装の林道である。どこに接続しているのだろうか。どんどん降下する。結構使われているようで、タイヤ跡が刻まれている。
 
コンクリート舗装はところどころひび割れてはいるが、草の進入もあまりなく使われている林道であることがわかる。
道はなだらかに、しかし確実に降下していく。路面に残るトラックのタイヤの跡が、ここが林業に使われる道であることを示している。あたりは開けない林道である。
ガードレールがしっかり整備されている。ちょっと草が進入を始めているがタイヤの跡もはっきりとしており、ここがよく使われている林道であることを示している。まだ木々は出荷できる大きさには育っていない。維持管理のための利用なのだろうか。
しばらく走ると、いきなり道がなくなってしまった。バイクのメーターも650m余りを指している。ここで終わりのようだ。無造作に終わるところが林道らしい。
おなじみの林道表示も確認した。しかし、名称の松平線というのはどこからきたものだろうか。もしかしたら松平家が近くにあるのだろうか。
あたりを見渡すと画像のような風景があちこちにあった。なるほど、これが語源なのだろう。松がやたらと茂っていた。林道 松平線は以上である。

戻る

直線上に配置
inserted by FC2 system