直線上に配置

林道の旅人
since2005



林道 高崎線

大分市と別府市の境を走る林道「高崎線」を走る。
今回も迷走である。


大分市西大分から国道10号線を県道696号線に分岐し「柞原八幡宮」へむかう。近くには富士紡績の大分工場がある。この先に林道「高崎線」があるのだという。高崎山の麓を走る林道だそうだ。
大分ICができてから、道路も整備されて快適に走れるようになった。
しかし、大分ICに向かう分岐を過ぎると昔からの県道となる。なかなかバイクで走ると気持ちのいい道である。大型トラックがくるとよけねばならない。
しばらく走ると「柞原八番宮」に到着する。
神域というのはどこでも凛として気持ちがいいものだ。 
さて、柞原八番宮を左に折れてしばらく走ると、右に分岐する道が現れる。高崎墓地公園にいたる道である。今回の林道は、高崎墓地公園の先にある。霊園に向かって右に曲がる。ここで県道とはお別れである。直進すると大きく山の中を回り、机張原というところにでるらしい。途中に人工の湖があるというが、農業用水かなにかの用途かもしれない。今回は林道走行なので湖には行かない。
しばらく走ると「西工業」という工場の入り口に出る。ここは産業廃棄物の処理工場である。まっすぐ進むと工場に入ってしまう。ここを右に曲がろう。
アスファルトの道をぽくぽくと走るとT字路に差し掛かった。高崎墓地公園は左折である。
高崎墓地公園まではよい道だったが、墓地公園を過ぎると、だんだん道は狭くなってきた。これは獣道っぽい。しかし、車のわだちがあり生活道路として機能している道である。しかし狭い。もう林道なのだろうか。
しばらく走るとお寺の入り口に出てしまった。しまった。林道ではないようだ。左に道が続いているのでお寺に入らずにバイクを進める。まっすぐ進むとお寺に入ることになる。参道をバイクで走ったら「ばちあたり」である。
しばらく走るうちに道は広くなって快適に走れるようになってきた。大分市の地図によると林道「高崎線」に行き着いてもいいころなのだが、道は幅が広くなってくる。さらに困ったことに、前方にはアスファルト道路の分岐まで見えてきた。どこかの県道レベルの道に繋がるようだ。
なんとも走りやすい道である。これは林道ではない。
 
ヘキサ発見。この道は県道51号線だった。由布市挟間町から別府市に抜ける道である。銭亀峠を越えて別府に入る峠道である。林道どころか市を越えて別府市へ行く県道に入ってしまった。ここは由布市である。
やはり自分の住む市以外の林道を走るのは、地図だけではだめなようだ。ちょうどいい分岐が現れた。ここでUターンしよう。どこかで林道入り口を見落としていたのだ。
さて転回しようかと分岐にバイクを向けたら、奥に何かを発見。黄色の標識と白い柱。おお、林道ではないか。
近づくと大分市の林道であることがわかった。ここは大分市と由布市の境のようだ。市の境界辺りにある林道といえば...。
目指していた林道高崎線ではないか。かなり迷ったが林道 高崎線発見である。幅員3.0m−5.0m、延長1860mである。いやあよかったよかった。

さて検分といこう。ダートである。これは本物のダートである。うろうろしていたが目的地発見だ。さあ、旅を始めよう。
幅員が3mというのは、珍しい。この林道は、もしかしたら昔の峠道なのではないだろうか。
ところどころ排水関係のコンクリート舗装があるが、走りやすいダートである。
周りは開けないがなかなかいい雰囲気の林道である。なによりダートなのがいい。
山肌を縫うように林道が続く。林道表示のところを頂点にくだり道である。
しばらくしたら道は途絶えてしまった。林道表示が立てられている。見ると幅の狭いわき道が林道から出ているように見える。ここで、林道「高崎線」は終わりなのだろうか。まだ1キロも走っていないのだが。
わき道に目をやる。なんとなく走るのによさそうなダートである。ダート道であるので、ちょっとつまんでいこうか。高崎山を眺めながら走るのは最高である。あまりに近すぎて高崎山をカメラに収めるのは難しい。
進むにつれて道は悪路になってきた。これは林道ではなく畑に行く地区の道のようだ。おや?右手に林道表示だろうか。大きな白い柱が。よく見ると植樹の記念碑だった。ぬか喜びである。
しばらく走るとダートはコンクリート道になってきた。また下り始める。右にあるのは電気柵である。動物よけに設置されているようだ。通電中の警告板が怖い。そうなのだ。ここはサルで有名な高崎山の麓。おそらくはサルよけなのだろう。
しばらく走ると人家に出てしまった。道なりに下るとなにやら旗が立てられている。きちんと整備された道である。どこかの施設の入り口に入ってしまったのかもしれない。ああ、こんな林道はない。やはり林道「高崎線」はあの標識までだったのだろう。
これはお寺の入り口のようだ。参道に入ってしまったようだ。困ったが転回する幅もない。どこか広いところで回らせてもらおう。
アジサイの集落だ。あれ?何か白いものがアジサイの中に?
なんだろう。供養塔か、記念碑か?バイクを降りてみよう。どうも引っかかる。主宰の野生のカンが冴え渡る。これは?
掻き分けてみると...。林道高崎線と読める。カンは当たった。林道標識だ。しかも起点である。

がさがさと掻き分けて全体像を確認。間違いなく林道「高崎線」である。へんな林道であったがとりあえず完走である。


林道を確認したということで道なりに下る。どこかで見たような風景が広がる。分岐がある。


分岐のところで振り返ると、これは行きに見た景色だった。なんと主宰は、お寺の入り口表示に惑わされて、林道に入らず大きく迂回して林道の終点から入り込んでしまったというわけだ。まあ、完走できたのでよしとしよう。

林道の旅人へ

直線上に配置
inserted by FC2 system