直線上に配置

林道の旅人
since2005



林道 高崎線2

大分市と別府市の境を走る林道「高崎線」を走る。
今回は正規ルートを走る。


大分市西大分から国道10号線を県道696号線に分岐し「柞原八幡宮」へむかう。前回は迷走したが、今回は大丈夫だ。
大分インターへの分岐を過ぎると道は狭くなる。しかし舗装路であるので、気持ちよく走ることができる。
ここが公民館。この先に神社は位置する。
つきあたりに位置するのが柞原八番神社。八幡様である。人によりいろいろ言い方があるが、主宰的には柞原八番宮の方がいいやすい。ここで一息をついて旅を始めよう。
神社の左手に少し細くなった道が見える。ここから林道に入るのだ。しかし、生活道路の県道696号なので、無謀な走りは厳禁である。
しばらく走ると分岐が現れる。ここで県道とはお別れである。高崎霊園という方向に進路をとる。
道はうねうねと延びていく。ここは突然大型ダンプが現れるので注意が必要である。
気持ちのよい道が続く。新緑のトンネルである。
しばらく走ると、西工業が現れる。まっすぐ進むと工場の敷地に入るので右折といこう。
右には立派な道路が延びている。
西工業の敷地を左に見ながら走る。
ここは大分市の市道であるが、気持ちのよい道だ。
さらに進むとT字路に出る。ここは左折である。
道はゆっくりののぼりの道である。
高崎霊園の入り口を過ぎると、市道とは思えないような道になる。
大型車は絶対に通らない。しかし耕運機やリヤカーなどの農作業車が通行しているので、バイクで爆走はやめたいものだ、まだ、ここは林道ではない。
お寺の参道であるが、途中から、林道「高崎線」が始まるので臆せず入ろう。
しばらくのぼりの参道を走っていると林道の表示が見えてくる。あじさいに隠れてしまっているが、ここがスタートである。
お寺の参道を過ぎると道は細くなり高崎山に向け延びていく。途中、人家があり庭先を通るが庭を横切るのでないので安心して走行しよう。人家の庭には結構大きな犬が寝ていた。林道を自分の家の庭と認識しているらしく、ほえられてしまった。
人家を過ぎてしばらく良くと左に金網の柵が広がる。林道のすぐそばに広がる柵は「電気柵」だ。通電中という表示もある。つまり、よろよろして柵に触れたら電気が流れるのだ。バイクは金属のかたまり。通電したらガソリンに引火して「ぼん」かもしれない。これは危険な林道だ。ちなみに用途は「サルよけ」らしい。高崎山の麓らしい光景だ。
上り坂になっていた林道がなだらかになってきた。電気柵は付かず離れず付いてくる。
広場だ。何か看板もある。車なら5台ほど停められそうな広場だ。
看板は高崎山の登山の案内だ。
そういえば、掲示板で「宮崎の林道にいらっしゃい」を主宰されているYASUさんが、

林道「高崎線」は私も以前走りました、ここを走って付近をうろうろしているうちに高崎山の登山口を通った記憶があります。この付近は私のホームタウンなので以前はよく走っていました。」

と書いて下さっていたが、ここがそうらしい。

YASUさんのHPは ここから どうぞ。
画像の赤い四角の部分が登山口だ。金属の逆Uの形の「車両制限用の柵」が取り付けられている。
実は、昔、オフロードバイクのライダーさんが、登山道をオフロードバイクで走って山頂までいったことがあるらしい。それで取り付けられたということだが....。武勇伝はほどほどにしたいものである。主宰のバイクは大きすぎて登山道には入らないことは申し添えておこう。登ったのは主宰ではない。
登山口を過ぎると轍も美しいダートになった。なにやらダートにふさわしくない立派な看板が現れる。ダートはいいのだが、電気柵は気になる。
拡大しよう。どうやら分岐が先にあるようだ。右に行くと行き止まりになるらしい。登山客に向けての看板にしては立派なものだ。
下り坂になるとまた電気柵が近づいてきた。白い標識が合ったので近づくと「新大分市発足二十周年記念」という記念碑だ。佐伯市は「平成の大合併」で南海部郡を全て佐伯市に吸収合併したが、大分市もかつて吸収合併した歴史があるようだ。
標識を過ぎて道なりに下る。先ほどの青い標識の分岐ははっきりとはわからない。分岐というより、右の横道という感じだろうか。車の轍に従うと左が本道という感じになる。特に惑わずに進めそうだ。
道は平坦になる。新緑の木々の中を走る林道。気持ちがよい。
だんだん、ダートががれがれになってきた。どうやら雨が降ったときに、ここが排水路になっているらしい。
ガレガレは続くが、ブロックタイヤのバイクなら問題なく通過できる。
おや前方に分岐のようなものが。
突然、黄色い林道標識が現れた。林道「高崎線」の表示である。ここで終わりではないようだが、なぜ、中途に設置されているのだろうか。この標識のところから幅員が倍になる。
フラットなダートが続く。幅だけで言えばマイクロバスぐらいは走りそうだ。
フラットな林道が木々を抜ける。日本の原風景である。
路面の補修は行き届いていないようで、あちこちで抉れている部分がでてくる。ま、これも林道走行の醍醐味だ。楽しく走ろう。
左の藪が開けたので見ると、別府の山だろうか、山が確認できる。麓からの高さを考えると、今、現在いるここは、かなりの高所ということになる。確か、この林道は「銭瓶峠」に繋がると標識にあった。由布市と別府市の境の山に主宰はいるのだ。
道はくだりになった。路面を気にせずに走ることができるのは楽しい。
前方に分岐である。何か黄色い標識と白い柱が見える。
近づいてみると、ここが林道「高崎線」の終点だった。林道「高崎線」、なかなか楽しい林道だった。ここが分岐になる。
道はさらに延びるが、ここが分岐の画像だ。これを進むと少しで県道51号に接続する。前回進入した道である。
では直線の方に進入しよう。下り坂である。
少し走るとアスファルト舗装の道に接続した。
出口を振り返る。ここからでは林道の入り口とはわからない。
さて、、このアスファルトの舗装が県道51号だ。ここを右に進むと銭瓶亀峠だ。道なりに進むと分岐がありそこが銭亀峠である。
ここが銭瓶峠。石は「カンカン石」である。どういう構造になっているかはわからないが、叩くとカンカン音がするという。これから道は別府に降りていく。林道「高崎線」2は以上である。楽しめる林道だった。

林道の旅人へ

直線上に配置
inserted by FC2 system